Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NSA由来の「EternalBlue」、悪用は「WannaCrypt」より「Adylkuzz」が先 - 狙いは仮想通貨

仮想通貨の一部では、いわゆる「掘削(マイニング)」と呼ばれる計算処理を行うことで報酬を得ることができる。そのため同マルウェアに感染するとマイニングを行うソフトがインストールされ、気が付かない間に端末のリソースが浪費される。

ESETによれば、4月28日より「Adylkuzz」を感染させる攻撃がはじまっていたと指摘。「WannaCrypt」が5月10日に感染の拡大をはじめる数時間前に、「Adylkuzz」は活動のピークを迎え、ロシアやウクライナ、台湾などをはじめ、118カ国で感染活動を観測したとしている。

一方、「Adylkuzz」は感染時に「WannaCrypt」と同じ脆弱性を悪用するものの、シマンテックは、同マルウェア自体はワームとしての機能を備えておらず、その点で「WannaCrypt」と異なると説明。

またマカフィーは、2年以上前である2014年10月に同マルウェアファミリーの亜種を検知した。登場以来、「Adylkuzz」に大きな変化はないという。同社も脆弱性を悪用するコードも含まれていないとし、拡散時にエクスプロイトを悪用していたものと分析している。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト