Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省のSCOPEでIoTセキュリティの研究開発が採択

総務省が採択した戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)において、早稲田大学の戸川望教授によるIoT分野のセキュリティ技術に関する研究開発が採択された。

情報通信分野の競争的資金である戦略的情報通信研究開発推進事業では、2017年度について1月6日から2月6日まで公募を実施。141件の応募から44件の課題が採択された。セキュリティ分野では、重点領域型研究開発において早稲田大学(戸川望教授)のIoTセキュリティ技術に関する研究開発が選ばれている。

同研究では、多様かつ複雑で画一的なセキュリティ対策が難しいIoT機器のセキュリティをテーマとしており、部品における安全な回路設計をはじめ、正常動作を担保した機器やネットワークなど、3階層にまたがるセキュリティ技術について研究開発を進めるという。

(Security NEXT - 2017/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を