Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省のSCOPEでIoTセキュリティの研究開発が採択

総務省が採択した戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)において、早稲田大学の戸川望教授によるIoT分野のセキュリティ技術に関する研究開発が採択された。

情報通信分野の競争的資金である戦略的情報通信研究開発推進事業では、2017年度について1月6日から2月6日まで公募を実施。141件の応募から44件の課題が採択された。セキュリティ分野では、重点領域型研究開発において早稲田大学(戸川望教授)のIoTセキュリティ技術に関する研究開発が選ばれている。

同研究では、多様かつ複雑で画一的なセキュリティ対策が難しいIoT機器のセキュリティをテーマとしており、部品における安全な回路設計をはじめ、正常動作を担保した機器やネットワークなど、3階層にまたがるセキュリティ技術について研究開発を進めるという。

(Security NEXT - 2017/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
Intel、多岐にわたるセキュリティアップデート - アドバイザリの確認を
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社