Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガンホー、「パズドラ」連続コンボ指南アプリに「待った」 - 法的措置を検討

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、同社ゲーム「パズル&ドラゴンズ」において、有利にゲームを進めることが可能となる一部アプリに対し、法的な対応を検討していると発表した。

同社によれば、問題のアプリはゲームのパズル画面を読み取り、高得点となる「コンボ」のガイドを表示するアプリ。公式ストアであるGoogle Playにおいて同様の機能を備えたアプリが複数公開されている。

同社は、こうしたアプリの使用を認めておらず、ゲーム性を著しく損なわせる「不正アプリ」として法的な対応を検討しているという。

またチーム編成やゲームの腕前を競うイベントを期間限定で実施したが、こうしたアプリの影響があった可能性があるとして、評価を下げたり、順位の発表は控えるなど対策を講じたという。

(Security NEXT - 2017/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
遊んで学べる「サイバー迷宮脱出ゲーム」 - 警視庁が無償公開
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
従業員がTwitter上に顧客情報 - トレカ通販サイト
「Pokemon GO」利用者狙うフィッシング - 偽領収書で不安煽る
トーラムオンラインにPWリスト攻撃 - 不正ログインが発生
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍