Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で

ぴあは、運営を受託していたプロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」のチケットサイトおよびファンクラブ受付サイトが不正アクセスを受け、クレジットカード情報含む個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

3月7日から15日にかけて、両サイトで利用していたアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 2」の脆弱性を突かれ、不正アクセスを受けたもの。

3月17日ごろから、Twitter上でクレジットカードの不正使用に関する複数の書き込みがあり、調査を行ったところ、会員において十数件の不正使用の疑いが判明。問題が発覚した。

今回の不正アクセスにより、2016年5月16日から2017年3月15日にかけて、B.LEAGUE会員に登録した最大14万7093件の個人情報が流出した可能性がある。氏名や住所、電話番号、生年月日、ログインIDとパスワード、メールアドレスなどが含まれる。

さらにファンクラブ会費の支払いにクレジットカードを利用した会員や、2017年1月7日から3月13日までの間にチケットサイトでクレジットカードを利用してチケットを購入した会員において、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなど、重複を除き、あわせて3万2187件のクレジットカード情報が流出した可能性がある。

(Security NEXT - 2017/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出