Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で

ぴあは、運営を受託していたプロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」のチケットサイトおよびファンクラブ受付サイトが不正アクセスを受け、クレジットカード情報含む個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

3月7日から15日にかけて、両サイトで利用していたアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 2」の脆弱性を突かれ、不正アクセスを受けたもの。

3月17日ごろから、Twitter上でクレジットカードの不正使用に関する複数の書き込みがあり、調査を行ったところ、会員において十数件の不正使用の疑いが判明。問題が発覚した。

今回の不正アクセスにより、2016年5月16日から2017年3月15日にかけて、B.LEAGUE会員に登録した最大14万7093件の個人情報が流出した可能性がある。氏名や住所、電話番号、生年月日、ログインIDとパスワード、メールアドレスなどが含まれる。

さらにファンクラブ会費の支払いにクレジットカードを利用した会員や、2017年1月7日から3月13日までの間にチケットサイトでクレジットカードを利用してチケットを購入した会員において、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなど、重複を除き、あわせて3万2187件のクレジットカード情報が流出した可能性がある。

(Security NEXT - 2017/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
M2J、顧客情報約2500件の流出が判明 - 1年前にも顧客情報約11万件が不正アクセスを受けた可能性
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
投資情報サイトに不正アクセス、クレカ情報が流出か - 公表中止で混乱も
5月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出か - 日本文化センター
FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定
スパリゾートハワイアンズの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出