Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高

海城中学高校において、生徒など関係者の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明となっていることがわかった。

海城学園によれば、4月15日夜に教員が帰宅途中、電車の網棚へUSBメモリが入った鞄を置き忘れ、紛失したもの。降車後に置き忘れたことへ気が付き、その後探索や被害を届けたが、見つかっていないという。

問題のUSBメモリには、在校生や卒業生に関する氏名、住所、電話番号、生年月日、成績のほか、教員の採用関連情報など個人情報8100件が含まれるという。

同学園では、関係者へ事情の説明や謝罪を実施するほか、引き続き情報を収集し、二次被害の防止対策などに努めるとしている。

(Security NEXT - 2017/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
治験データ8300件が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構