Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高

海城中学高校において、生徒など関係者の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明となっていることがわかった。

海城学園によれば、4月15日夜に教員が帰宅途中、電車の網棚へUSBメモリが入った鞄を置き忘れ、紛失したもの。降車後に置き忘れたことへ気が付き、その後探索や被害を届けたが、見つかっていないという。

問題のUSBメモリには、在校生や卒業生に関する氏名、住所、電話番号、生年月日、成績のほか、教員の採用関連情報など個人情報8100件が含まれるという。

同学園では、関係者へ事情の説明や謝罪を実施するほか、引き続き情報を収集し、二次被害の防止対策などに努めるとしている。

(Security NEXT - 2017/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸