Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能

ライムライト・ネットワークス・ジャパンは、CDNプラットフォームを利用したウェブサイト向けセキュリティサービス「Limelight Cloud Security Service」にエントリーレベル向けの新機能を追加した。

「Limelight Security Alert」は、ウェブサイトとアプリケーションに対する攻撃の通知機能。同社のCDNサービスを利用している顧客は無料で利用できる。

またウェブアプリケーションへの攻撃を防御する「Limelight WAF Express」は、従来より提供している「WAF Complete」の簡易版。単一IPアドレスからのレートを制限できるほか、OWASPがまとめた驚異である「OWASP Top 10」に対応するWAFフィルタリングルールを提供する。

(Security NEXT - 2017/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
ライムライト、DDoS対策サービスを強化
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
9月にWordPressユーザーの交流イベント - 攻撃デモで防御法学ぶセッションも
プル型CDNに「Forwarding Loop攻撃」を受ける可能性 - リソースを大量浪費
GIGYAのDNS情報が改ざん、国内複数サイトで不審画像 - シリア電子軍が犯行声明
WAFやDDoS対策、ウェブ改ざん復旧など提供するクラウドサービス
ドライブバイダウンロード攻撃、6割はJava脆弱性を標的に