Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能

ライムライト・ネットワークス・ジャパンは、CDNプラットフォームを利用したウェブサイト向けセキュリティサービス「Limelight Cloud Security Service」にエントリーレベル向けの新機能を追加した。

「Limelight Security Alert」は、ウェブサイトとアプリケーションに対する攻撃の通知機能。同社のCDNサービスを利用している顧客は無料で利用できる。

またウェブアプリケーションへの攻撃を防御する「Limelight WAF Express」は、従来より提供している「WAF Complete」の簡易版。単一IPアドレスからのレートを制限できるほか、OWASPがまとめた驚異である「OWASP Top 10」に対応するWAFフィルタリングルールを提供する。

(Security NEXT - 2017/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
「SODプライム」不具合、最大6万8898人に影響 - 最大5000円の補償方針
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
「Amazonプライムの自動解除」装うフィッシング - CDNを悪用
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
ライムライト、DDoS対策サービスを強化
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始