Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報メールの誤送信で顧客のメアド流出 - 不動産会社

東京都杉並区を中心に不動産業を展開する昭和建物は、メールの誤送信により、顧客のメールアドレスが流出したことを公表した。

同社によれば、3月19日に顧客へ送信した不動産情報メールにおいて、誤送信が発生したもの。送信先のメールアドレス203件を「CC」に設定したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同社では、同日中に対象者へメールで謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2017/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員のメールアドレスリストを誤送信 - 医療人材紹介会社
会員向けメールで異なる会員情報を誤送信 - 名古屋のプロバスケチーム
賛助会員向け案内メール誤送信でメアド流出 - 大阪観光局
セミナー案内メール誤送信 - 大分の建設会社
誤送信防止システムの設定ミスでメールアドレスが流出 - 堺市
情報提供メールの誤送信でメアド流出 - 宮城県
キャンペーンメールを誤送信 - 外国人向け携帯電話サービス会社
業務メール誤送信で関係者のメアド流出 - 労働者健康安全機構
再就職訓練事業の委託先でメール誤送信が発生 - 大阪府
宿泊予約者の個人情報をメールで誤送信 - 西鉄ホテルズ