Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府統計システムから個人情報2.3万件が流出か - 原因はStruts2脆弱性

政府統計システムの「地図による小地域分析(jSTAT MAP)」が不正アクセスを受け、利用者の個人情報などが流出した可能性があることがわかった。

20170414_so_001.jpg
不正アクセスを公表した総務省

総務省によれば、地図上で人口や世帯数などの統計データが確認できる機能「地図による小地域分析(jSTAT MAP)」が不正アクセスを受け、情報流出が判明したもの。4月11日12時よりサイトを停止している。

同サイトで利用していた「Apache Struts2」の脆弱性が突かれたもので、今回の不正アクセスにより不正プログラムが設置された。

公表済みの統計情報にくわえ、サービスを開始した2013年10月18日以降に同サイトの利用登録をした約2万3000人分の個人情報や、利用者がアップロードしたデータが外部へ流出した可能性がある。

サイト利用者におけるマルウェア感染は否定。同省では、不正アクセス対策を講じたうえでサイトを再開するとしている。

(Security NEXT - 2017/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 医療情報サービス会社
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開
国交省関連サイトから情報流出の可能性 - 「Struts 2」脆弱性突かれ不正プログラム設置
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
転職情報サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
「B.LEAGUE」関連サイトへの不正アクセス、クレカ不正利用が2倍弱に
防犯カメラ129台分のパスワード含む資料を一時紛失 - 大阪市
GMO-PGが情報流出で調査報告 - 「脱Struts宣言」するも再構築まで至らず
GMO-PG、役員3名を減俸処分 - 「不正アクセスはセキュリティマネジメント体制に起因」