Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年のクレカ不正被害は140.9億円、前年比21億円増 - 番号盗用被害が6割

2016年第4四半期におけるクレジットカードの不正使用被害額は、前期から横ばいの34億1000万円だった。番号の盗用が60.7%を占める。

日本クレジット協会が国際ブランドカードを発行している会社を中心に、銀行系カード会社、流通系クレジット会社、信販会社、中小小売商団体などにおける被害状況について調査、取りまとめたもの。回答社数は45社。

2016年第4四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は34億1000万円で、前四半期と同水準だった。2015年の前半は20億円台後半だったが、2015年第4四半期以降は35億円前後の高い水準で推移している。

通年で見ると、2016年の被害額は140億9000万円。2014年は113億9000万円、2015年は120億円と増加傾向が続いている。

同四半期の不正使用被害額の内訳は、番号の盗用被害が20億7000万円で全体の60.7%を占めたが、割合は前期から2.9ポイント後退。一方、偽造カードによる被害は7億8000万円で22.9%だった。

また、番号盗用被害における国内外の内訳を見ると、国内が62.8%で国外が37.2%。前期より国外が2.2ポイント増加した。

(Security NEXT - 2017/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Payment Card Forensicsが商号を変更 - 「P.C.F. FRONTEO」に
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
クレカ不正取引、平均単価が正規取引の2倍以上になることも
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
クレカ被害、番号盗用の割合が8割超に - カード偽造被害は5.6%