Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動車セキュリティの取組ガイドに改訂版 - 製造工程での脅威対策を追加

情報処理推進機構(IPA)は、「自動車の情報セキュリティの取組みガイド」の第2版を公開した。

20170324_ip_001.jpg
自動車の情報セキュリティの取組みガイド

同ガイドは、自動車システムに関して、製品の企画や開発、運用、廃棄の各フェーズにおいて取り組むべきセキュリティ対策について解説した資料。初版は2013年に公開している。

想定読者は、自動車メーカーや自動車部品メーカー、自動車向けサービスを提供する事業者などで、自社における取り組みの進捗状況を把握できるよう、各項目におけるレベルの目安も記載している。

環境の変化などを踏まえた今回の改訂では、開発フェーズに焦点を当て、第1版では触れられなかった製造工程における脅威への対応について加筆。

さらに運用フェーズでは、所有者や利用者に製品が届けられるまでの運送工程におけるセキュリティ対策について記載した。

(Security NEXT - 2017/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イエラエとNDIAS、自動車のセキュリティ評価技術を共同開発
米司法省、APT10所属の中国人2人を刑事訴追 - 日本含む12カ国数十社を侵害
複数の日系自動車関連企業にサイバー攻撃 - ベトナムのグループ関与か
指定低公害車申請受付の案内メールで誤送信 - 東京都
トレンドマイクロとLuxoft、自動車のセキュリティ分野で協業
トヨタ販売会社8社に不正アクセス - 顧客情報最大310万件が流出の可能性
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
セーフティクリティカルなシステムでのLinux活用目指してプロジェクト
IoT機器でのプライバシーやデータ保護、半数超が追加支出を許容 - 海外調査
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業