Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し

2016年は、ランサムウェアによる攻撃が前年の167倍に拡大したとする調査結果を米SonicWALLが取りまとめた。

同社が、200以上の国と地域に設置した100万超のセキュリティセンサーから収集したデータをもとに、2016年の脅威動向について取りまとめたもの。

2016年に収集したユニークなマルウェアは6000万件で、2015年の6400万件から6.2%減。マルウェアによる攻撃の試行回数は78億7000万回で、前年の81億9000万回を下回った。

一方、同年に観測されたランサムウェアによる攻撃は6億3800万件で、380万件だった前年の167倍へと急増。年間を通じて増加傾向だったが、特に目立った動きが見られたのが3月で、28万2000件から3000万件へと一気に拡大したという。同社では、増加の背景に「Ransomware as a Service(RaaS)」があると分析している。

ランサムウェアの被害を受けた産業を見ると、「機械、産業用エンジニアリング業界」が15%で最多。「薬剤」「金融サービス」が各13%、「不動産業界」が12%だった。業界による大きな偏りは見られなかった。

(Security NEXT - 2017/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント