Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し

2016年は、ランサムウェアによる攻撃が前年の167倍に拡大したとする調査結果を米SonicWALLが取りまとめた。

同社が、200以上の国と地域に設置した100万超のセキュリティセンサーから収集したデータをもとに、2016年の脅威動向について取りまとめたもの。

2016年に収集したユニークなマルウェアは6000万件で、2015年の6400万件から6.2%減。マルウェアによる攻撃の試行回数は78億7000万回で、前年の81億9000万回を下回った。

一方、同年に観測されたランサムウェアによる攻撃は6億3800万件で、380万件だった前年の167倍へと急増。年間を通じて増加傾向だったが、特に目立った動きが見られたのが3月で、28万2000件から3000万件へと一気に拡大したという。同社では、増加の背景に「Ransomware as a Service(RaaS)」があると分析している。

ランサムウェアの被害を受けた産業を見ると、「機械、産業用エンジニアリング業界」が15%で最多。「薬剤」「金融サービス」が各13%、「不動産業界」が12%だった。業界による大きな偏りは見られなかった。

(Security NEXT - 2017/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始