Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」に脆弱性の影響を緩和するプラグイン - 更新できない利用者向けに公開

「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性が判明した問題で、開発チームは、最新版へ更新できない利用者向けに、脆弱性の影響を緩和するためのプラグイン2種を公開した。

問題の「CVE-2017-5638」は、デフォルトで利用する「Jakartaマルチパートパーサー」を利用した場合に、リモートでコードを実行されるおそれがある脆弱性。代替のパーサーとしてアナウンスされていた「JakartaStreamMultiPartRequest」についても同様の影響を受けることが判明している。

20170322_as_001.jpg
開発チームでは、利用するパーサーにあわせて2種類のプラグインをあらたに用意

開発チームでは今回の問題を受けて、最新版を利用できない利用者に対し、これらパーサーを安全に実装するためのプラグイン「Apache Struts 2 Secure Jakarta Multipart parser plugin」および「Apache Struts 2 Secure Jakarta Stream Multipart parser plugin」を公開したもの。

開発チームでは、最新版へのアップデートが望ましいとしつつも、利用するパーサーに対応したプラグインの「jarファイル」を特定のフォルダへ保存するだけで、脆弱性「CVE-2017-5638」の影響を緩和できるとしている。

また「Apache Struts 2」に関しては、HTMLヘッダの「Content-Type」にくわえ、3月20日に公開されたアドバイザリで、「Content-Disposition」「Content-Length」を利用した攻撃が可能であることが判明しているが、今回公開されたプラグインでは、いずれも回避できるとしている。

(Security NEXT - 2017/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」利用時にDoS攻撃受けるおそれ
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も
「Apache Struts 2」の公開済み脆弱性、ラックでは攻撃未確認
「Apache Struts 2.5.13」がリリース - 深刻な脆弱性など修正
「Apache Struts 2」の脆弱性、悪用コードが公開済み - 関連機関が注意喚起
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック