Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年は15万台以上でモバイルランサム検知 - 前年の1.6倍

2016年は、前年の約1.6倍にあたるAndroidデバイス上で、ランサムウェアによる攻撃が検知されたことがわかった。

Kaspersky Labが、同社製品のユーザーから収集したデータをもとにモバイル端末を対象としたマルウェアの観測状況を取りまとめた。

2016年に検知したモバイル端末を狙うマルウェアは、前年の約3倍となる852万6221件。これは、過去11年間に検知した全マルウェアの約半分に相当するという。また前年の1.6倍となる401万8234台のAndroidデバイス上で、約4000万件のマルウェアによる攻撃を検知した。

20170317_kl_001.jpg
検出されたランサムウェアの種類(グラフ:Kaspersky Lab)

モバイルを標的にしたランサムウェアを見ると、2016年は167カ国において、同社製品利用者15万3258人において検出。前年の1.6倍にあたり、インストールパッケージの数を見ると、前年の8.5倍となる26万1214件が検出されたという。

また、オンラインバンキングのアカウント情報を窃取するモバイル向けマルウェアは、164カ国30万5543人から検知された。前年の5万6194人から5.5倍に急増している。12万8886件のインストールパッケージを検知しており、前年の1.6倍へと拡大している。

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも