Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年は15万台以上でモバイルランサム検知 - 前年の1.6倍

2016年は、前年の約1.6倍にあたるAndroidデバイス上で、ランサムウェアによる攻撃が検知されたことがわかった。

Kaspersky Labが、同社製品のユーザーから収集したデータをもとにモバイル端末を対象としたマルウェアの観測状況を取りまとめた。

2016年に検知したモバイル端末を狙うマルウェアは、前年の約3倍となる852万6221件。これは、過去11年間に検知した全マルウェアの約半分に相当するという。また前年の1.6倍となる401万8234台のAndroidデバイス上で、約4000万件のマルウェアによる攻撃を検知した。

20170317_kl_001.jpg
検出されたランサムウェアの種類(グラフ:Kaspersky Lab)

モバイルを標的にしたランサムウェアを見ると、2016年は167カ国において、同社製品利用者15万3258人において検出。前年の1.6倍にあたり、インストールパッケージの数を見ると、前年の8.5倍となる26万1214件が検出されたという。

また、オンラインバンキングのアカウント情報を窃取するモバイル向けマルウェアは、164カ国30万5543人から検知された。前年の5万6194人から5.5倍に急増している。12万8886件のインストールパッケージを検知しており、前年の1.6倍へと拡大している。

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止