Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、セキュリティ技術向上で兵庫県警を支援

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、兵庫県警のサイバー捜査官を研修生として受け入れ、セキュリティ技術の習得を支援する。

同社では2015年6月より、同県警からの委嘱で同社セキュリティ本部長の齋藤衛氏が「兵庫県警察サイバーセキュリティ対策アドバイザー」を務め、情報共有やサイバー攻撃対策に関する助言などを行ってきたが、あらたな人材育成支援に取り組むもの。

同県警と締結した協定に基づき、4月1日から2018年3月31日までの1年間、捜査官1名を同社のセキュリティオペレーションセンターにて研修生として受け入れる。同センターでの業務を通じ、マルウェアの解析やフォレンジック技術の習得を支援する。

(Security NEXT - 2017/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラック、茨城県警のサイバーセキュリティ対策に協力
「RIG EK」による感染被害が急増 - 警察が約300の踏み台サイトに指導
サイバーセキュリティで長崎県など14組織が相互協力協定
市販スマホ監視アプリの開発会社関係者が逮捕
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
千葉大ら、産官学連携のサイバーセキュリティパートナーシップ
UBIC、サイバー犯罪の調査解析技術を埼玉県警に提供
ラックと三重県警、共同対処協定を締結
子どものセキュリティ教育、年齢近い学生が活躍
IPA若年層向け情報啓発コンクールの受賞作品を決定 - 応募作品は過去最多の3万3335点