Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし

トレンドマイクロは、公衆無線LANなどを利用する際、VPNで通信を保護するスマートデバイス向けアプリ「フリーWi-Fiプロテクション」を提供開始した。

20170309_tm_001.jpg
「フリーWi-Fiプロテクション」の概要(図:トレンドマイクロ)

同製品は、公衆無線LANなどを利用する際、端末から同社が日本国内に用意したインフラまでVPNで接続するためのアプリ。

通信を暗号化することで、無線LAN環境における盗聴や改ざんといったリスクを低減する。またhttp接続に関しては同社クラウド基盤と連携、不正サイトへのアクセスをブロックできる。

通信量や時間に制限はなく、海外旅行時など国外から利用することも可能。IPアドレスは国内のものとなる。

「Google Play」および「App Store」で提供し、OSごとの契約となる。価格は1年版ライセンスが2900円。2年版ライセンスも用意している。

(Security NEXT - 2017/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス