Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪神淡路大震災関連の寄託書類を誤廃棄 - 三菱倉庫

三菱倉庫は、阪神・淡路大震災復興基金から預かっていた書類を、誤って廃棄していたことを明らかにした。

同社によれば、同基金から預かっていた助成関連書類96箱分を、ほかの顧客から預かった書類箱を廃棄した際に誤って一緒に廃棄したもの。誤廃棄した書類は、処理業者によりすべて溶解処分されたことを確認しているという。

(Security NEXT - 2017/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
保健所で個人情報含む書類を紛失 - 大阪府
20年の保存期間が残存する倉庫関連登録書類を誤廃棄 - 国交省
保険証情報19万人分を含むフロッピーやCDが所在不明 - 協会けんぽ
学生の個人情報含む成績原簿が所在不明 - 奈良先端大
消防団で要援護者名簿が所在不明 - 熊本市
措置児童の情報含むレセプトや連名簿などを紛失 - 岐阜県
顧客情報記載の帳票が所在不明 - JAおおふなと
融資受けた顧客の書類が飛散、一部回収できず - 中央労金
個人情報含む火災調査書など誤廃棄 - さいたま市