Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

課外講座の出席簿が教室内で所在不明に - 近畿大

近畿大学は、課外講座の出席簿が、学内で所在不明になっていることを明らかにした。受講生の個人情報も含まれるという。

同学によれば、課外講座「公務員試験対策講座」の出席簿を、教室内で紛失したもの。同出席簿には、受講生270人の氏名、学年、学籍番号が記載されていた。

同学では、清掃業者が廃棄した可能性が高いとの見解を示しており、紛失した個人情報の不正利用に関する報告は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2017/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大