Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac版ESETに深刻な脆弱性、コード実行のおそれ - アップデートで修正

ESETのMac向けエンドポイント製品にコードが実行されるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。2月中旬のアップデートで修正されたという。

20170228_es_001.jpg
脆弱性を修正したESETのウェブサイト

同社がコンシューマーや法人向けに提供しているMac向けクライアントソフトにおいて、細工されたXMLデータを処理すると、リモートよりroot権限でコードが実行されるおそれがある「CVE-2016-9892」が含まれていることが判明したもの。

Googleのセキュリティ研究者が11月3日に脆弱性を発見し、同日にESETへ報告していた。重要度は「クリティカル(Critical)」。

同脆弱性は、同製品で利用していた古いXMLパーサーライブラリ「POCO 1.4.6p1」に起因。同ライブラリには、2007年に公開された「Expat 2.0.1」が含まれているが、コード実行が可能となる脆弱性「CVE-2016-0718」が2016年に判明している。

(Security NEXT - 2017/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
「Drupal」に乗っ取りが可能となる深刻な脆弱性、更新がリリース - 100万サイト以上に影響か
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
「Spring Data Commons」に深刻な脆弱性 - REST処理などでコード実行のおそれ
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
「Spring Framework」の深刻な脆弱性、すでに実証コードも