Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノキアとNTT、エッジコンピューティングを活用した顔認証の実証実験

ノキアソリューションズ&ネットワークスとNTTネットワーク基盤技術研究所は、低レイテンシーの顔認証を実現するための実証実験を実施した。

同実験は、公共スペースにおける遅延が少ない通信の実証に向けた試み。監視カメラを使った顔認証による身元確認などの需要へ対応することを目的に、NTTの低遅延通信パケット処理、通常帯域利用、遅延を考慮したデータ補正などの技術とノキアの製品を組みあわせ、実証実験を行ったという。

従来はクラウド上に配置される顔認証ソフトウェアをキャリアネットワークのエッジに配置することで、監視カメラから受信した顔データの識別時間など認証時間を短縮できたと説明。顔認証ビデオの分析をキャリアネットワークのエッジで実行するため、ビデオカメラによる集中型クラウドへのトラフィックを大幅に削減できたとしている。

今後両社は、2020年の東京オリンピックを見据え、IoTやエッジコンピューティングをベースとした公共スペース向けのセキュリティソリューションを開発するとしている。

(Security NEXT - 2017/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
Linux向けダウンローダーの約99%がコインマイナー感染狙い
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー