Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の提供必要なら「IoT家電を使わない」 - 4人に1人

インターネットへ接続できるいわゆる「IoT家電」について、25.4%が個人情報を提供する必要があるなら「無条件で使いたくない」と考えていることがわかった。

ジャストシステムが2月10日から13日にかけて実施した調査により明らかになったもの。20歳から69歳までの男女2204人が回答した。

同調査によると、「IoT(Internet of Things)」の認知率は、「よく知っていて他の人にも説明ができる(9.6%)」「知っているが、説明できるほどではない(20.7%)」「聞いたことはあるが、よく知らない(22.4%)」だった。

20170216_js_001.jpg
個人情報を提供する必要があるIoT家電の利用意向(グラフ:ジャストシステム)

「IoT家電」では、利用状況や位置情報など「個人情報」を取得、利用するケースがあるが、「個人情報を提供する必要があるなら無条件で使いたくない」との回答が25.4%にのぼり、4人に1人は個人情報の提供に強い抵抗感を持っていたという。

50.9%と約半数が、「提供する個人情報の種類によってIoT家電の利用を判断したい」と回答。

「個人情報の提供はそれほど気にならない(13.1%)」「個人情報の提供は気にならない(4.7%)」と個人情報の提供へ抵抗感を示さない回答者は2割に満たなかった。

また74.7%が、IoT家電の購入時には「店舗側からセキュリティについて十分な説明がほしい」と回答している。

(Security NEXT - 2017/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査