Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版

カスペルスキーは、仮想化環境向けセキュリティ対策製品の新版「Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless」を提供開始した。当初は英語版のみとなり、日本語版の提供時期は未定。

同製品は、「VMware NSX」で構築されたエンドポイントとネットワークの仮想化環境向けセキュリティソリューション。

「セキュリティ仮想マシン(SVM)」と「ネットワーク攻撃防御(NAB)」で構成されており、マルウェアを検知すると自動的に「VMware NSX」へ通知し、感染した仮想マシンを隔離する。

仮想マシンごとに保護プログラムをインストールすることなく利用でき、仮想マシンの起動状態に関係なくスキャンすることが可能。またアップデートストームやスキャンストームによるパフォーマンスの低下を防ぐことができる。

新版では、VMware NSXテクノロジーとの連携により、マイクロセグメンテーションにおけるセキュリティ環境の構築や運用が可能になった。

(Security NEXT - 2017/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
仮想環境向け製品を公共機関に割引価格で提供 - パロアルト
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン