Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省のサイバーコロッセオとSECCONがコラボ - 都内でCTF大会

総務省は、SECCON実行委員会、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)と連携し、「サイバーコロッセオ×SECCON 2016」を3月5日に開催する。参加申込の受け付けを開始している。

同イベントは、知識や技術を競う「CTF(Capture The Flag)」コンテスト。2020年東京オリンピック、パラリンピックを想定し、大規模演習基盤を用いた人材育成事業である「サイバーコロッセオ」と、セキュリティ技術を競うコンテスト「SECCON」のコラボレーションとして開催するもので、東京2020公認プログラムに指定されている。

参加資格は、2016年4月2日の時点で満30歳以下で、国籍は問わない。1チーム4人までのチーム戦で、運営側が用意した仮想サーバに対してハッキングをしかけ、攻撃ポイントと防御ポイントの総合点で順位を競う「King of the Hill」形式で実施。競技の模様は情報通信研究機構(NICT)の可視化エンジンにより視覚化する予定。

会場はベルサール秋葉原。定員は24チームで、応募者多数の場合は抽選となる。申し込みは応募登録フォームで受け付ける。締め切りは日本時間の2月20日12時。イベントの詳細や申し込みはイベント案内ページから。

(Security NEXT - 2017/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
Trend Micro CTF 2017、エジプトチームが優勝
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も