Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクC&S、機械学習でIoT機器の異常を検知「ZingBox」

ソフトバンクコマース&サービスは、IoTデバイス状態を可視化する米ZingBox製ソリューションを、2月10日より提供開始する。

「ZingBox」は、制御システムや医療機器、監視カメラなど、IoT機器の通信状況を可視化し、異常を検知するソリューション。

機械学習により、デバイス固有の特徴や動作を100以上のIoT要素から自動的に学習。カテゴリーやデバイス情報、メーカー情報などを可視化。デバイスごとの正常動作を学習し、本来の動作との差異から異常を検知できるという。

個別にポリシーを適用でき、パロアルトネットワークスやフォーティネットジャパンなどのファイアウォールと連携し、不正通信をブロックすることも可能。

仮想ソフトウェアとして提供。デバイスに対するエージェント導入は不要で、既存のIoTデバイスなどにも利用できる。

(Security NEXT - 2017/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxにroot権限を取得される脆弱性「Stack Clash」
HPEのサーバ監視ソフト「HPE SiteScope」に脆弱性
「WordPress」用ジョブボード追加プラグインに脆弱性 - リモートから画像ファイルがアップロード可能に
バックアップソフト「Acronis True Image」の更新機能に脆弱性
WordPress向けカレンダープラグインにXSSの脆弱性
「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性 - 最新版で修正
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
BINDに脆弱性や不具合が判明 - Windows版のインストーラにも
「BIND 9」に複数の深刻な「脆弱性」 - 異常終了するおそれ
「Adobe Captivate」のクイズ機能に情報漏洩の脆弱性