Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクC&S、機械学習でIoT機器の異常を検知「ZingBox」

ソフトバンクコマース&サービスは、IoTデバイス状態を可視化する米ZingBox製ソリューションを、2月10日より提供開始する。

「ZingBox」は、制御システムや医療機器、監視カメラなど、IoT機器の通信状況を可視化し、異常を検知するソリューション。

機械学習により、デバイス固有の特徴や動作を100以上のIoT要素から自動的に学習。カテゴリーやデバイス情報、メーカー情報などを可視化。デバイスごとの正常動作を学習し、本来の動作との差異から異常を検知できるという。

個別にポリシーを適用でき、パロアルトネットワークスやフォーティネットジャパンなどのファイアウォールと連携し、不正通信をブロックすることも可能。

仮想ソフトウェアとして提供。デバイスに対するエージェント導入は不要で、既存のIoTデバイスなどにも利用できる。

(Security NEXT - 2017/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Struts 2」の脆弱性で複数VMware製品向けに修正プログラム - 一部保留も
「Apache Struts 2」の脆弱性、一部代替パーサーでも攻撃が成立
不正送金対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 最新版で修正
「Apache Struts 2」にあらたな問題が判明 - 「Content-Type」以外のHTTPヘッダでも攻撃可能
「Apache Struts 2」に脆弱性の影響を緩和するプラグイン - 更新できない利用者向けに公開
ファイル共有ソリューション「Commvault Edge」に脆弱性
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Struts 2」狙う攻撃が増加傾向 - 3月14日には2000件超を記録
「Windows Vista」のサポート終了まで1カ月切る - 「Exchange Server 2007」なども
4月に「Windows Vista」がEOL - 「Windows 7」終了まであと3年