Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業内SOCやCSIRTを運用するための「教科書」 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、組織におけるインシデントの発生を抑制したり、発生時に被害を抑えるためのセキュリティ対応組織を構築する際に必要となる知識を取りまとめた資料を公開している。

「セキュリティ対応組織の教科書 v1.0」は、「SOC(Security Operation Center)」や「 CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」において求められる機能や役割、人材のノウハウについてまとめたもの。

同協議会のセキュリティオペレーション連携ワーキンググループの議論を踏まえ、NTTセキュリティ・ジャパンの阿部慎司氏が執筆した。

「インシデント対応」や「セキュリティ対応状況の診断と評価」「内部統制、内部不正対応支援」など、セキュリティ対応組織の機能と役割について解説。セキュリティ対応組織の体制や要員数についてモデルケースを提示したほか、各役割ごとに必要なスキルについて解説している。

同資料は、同協議会や日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)のサイトからダウンロードできる。

(Security NEXT - 2017/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告
CSIRT構築と平常時活動を支援するサービス - ソリトン
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割