Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業内SOCやCSIRTを運用するための「教科書」 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、組織におけるインシデントの発生を抑制したり、発生時に被害を抑えるためのセキュリティ対応組織を構築する際に必要となる知識を取りまとめた資料を公開している。

「セキュリティ対応組織の教科書 v1.0」は、「SOC(Security Operation Center)」や「 CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」において求められる機能や役割、人材のノウハウについてまとめたもの。

同協議会のセキュリティオペレーション連携ワーキンググループの議論を踏まえ、NTTセキュリティ・ジャパンの阿部慎司氏が執筆した。

「インシデント対応」や「セキュリティ対応状況の診断と評価」「内部統制、内部不正対応支援」など、セキュリティ対応組織の機能と役割について解説。セキュリティ対応組織の体制や要員数についてモデルケースを提示したほか、各役割ごとに必要なスキルについて解説している。

同資料は、同協議会や日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)のサイトからダウンロードできる。

(Security NEXT - 2017/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
日本シーサート協議会が一般社団法人化 - 互助関係強化を推進
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
ユーザー企業向けにセキュリティ組織体制をモデル化した資料
JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供