Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FinalCode」新版、画面撮影対策で端末特定できる透かし表示

デジタルアーツは、ファイル暗号化ソリューション「FinalCode」の新版を2月1日より提供開始する。

同製品は、ファイルを暗号化するとともに、閲覧者や閲覧権限をファイル単位で設定できるソリューション。リモートより権限の変更や消去など管理することができる。

新版となる「同5.2」では、スクリーンショットを撮影できるアプリケーションやデータのコピー、ペーストなどを行うアプリケーションの同時起動を防ぐ機能を搭載。またファイルを画面に表示した際、日時やデータ表示端末を識別するための情報を透かしとして表示する機能を追加した。

またクラウドストレージ「Box」との連携機能において、ファイルが暗号化された状態でファイルの内容を「Box」内で表示できる機能を搭載している。

(Security NEXT - 2017/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業