Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受けたイベント制作会社、簡易的なサイトを再開

舞台やイベントの制作を手がけるネルケプランニングは、不正アクセスを受けてウェブサイトを停止している問題で、別のサーバで一部情報の公開を再開した。

同社では、ウェブサーバへの不正アクセスにより、会員向けウェブサービス「ネルケハ」の会員情報が流出したことを受け、1月1日20時よりサーバを停止し、原因や被害状況について調査を進めている。

今回同社が再開したのは、同社関連の舞台公演に関する情報を提供する簡易的なサイト。サーバは以前と異なる環境で運用しており、個人情報は保有していないという。

原因については引き続き調査中としており、結果が判明次第、同サイトで報告する予定。また今回の不正アクセス関係し、さらなる不法行為をほのめかす内容を確認したとして、警察に被害届を提出したという。

(Security NEXT - 2017/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
ほぼ15秒のセキュリティ啓発アニメ5作品を公開 - IPA
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
個情委、すみやかな報告呼びかけ - 未確定でも前広に
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因