Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンク利用者狙う「Ursnif」が攻撃再開 - 火曜日を狙う傾向

一時小康状態だった不正送金マルウェア「Ursnif」の活動がふたたび確認された。同マルウェアの感染を目的としたメールが送信されており、火曜日が狙われる傾向にあるという。

20170119_tm_001.jpg
毎週火曜日に検知数が増加するも、11月以降は小康状態だった「Ursnif」(グラフ:トレンドマイクロ)

同マルウェアは、「Gozi」「Snifula」「Papras」といった別名でも知られる不正送金マルウェア。国内における40件弱の金融機関に対応しているほか、キーロガーの機能なども備える。

2016年5月末から6月にかけてメールを利用した大規模な感染活動が観測され、その後も断続的に攻撃が発生。「URLZone」「Shiotob」といった別名でも知られる「Bebloh」とあわせて不正送金マルウェアの観測数は2016年第3四半期にピークを迎えていた。

トレンドマイクロによれば、その後11月下旬より攻撃に変化が見られ、12月には一時沈静化するも、2017年に入り、ふたたび同マルウェアを拡散させる日本語のメールが確認されたという。

(Security NEXT - 2017/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」