Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の領収証控えが所在不明 - 東京ガス

東京ガスは、顧客情報が記載された段ボールひと箱分の領収証控えが所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、都内荒川区の事業所において顧客情報が記載された領収証の控え3463件を紛失していることが、12月15日に保管書類の棚卸しの過程で判明したもの。

紛失した領収証控えには、2013年10月と11月に同社販売店の窓口でガス料金を支払った顧客の氏名や住所のほか、顧客番号、検針日、ガス使用量、ガス料金などが記載されていた。事務所内のキャビネットで保管されていることを2014年2月に確認しているが、以降の所在がわからないという。

同社では、保管場所を変更した際に、保管期間の経過した書類とあわせて廃棄した可能性があると説明。紛失した情報の不正利用は報告されておらず、対象となる顧客には、書面による報告を行うとしている。

(Security NEXT - 2017/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
M2J、顧客情報約2500件の流出が判明 - 1年前にも顧客情報約11万件が不正アクセスを受けた可能性
衣装ケースに入った顧客リスト約6000件、店舗駐車場に放置 - NTT西
FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定
顧客情報含む伝票を箱ごと紛失、誤廃棄の可能性 - 南日本銀
顧客情報含む帳票を紛失、翌日すべて回収 - 四国電力
調律師が車上荒らしに、顧客情報が盗難 - 河合楽器