Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、FIDO準拠の生体認証サービス - カメラによる生体認証にも対応

富士通は、FIDOに準拠した「生体センサー認証ソリューション オンライン生体認証サービス」を2017年4月上旬より提供する。

同サービスは、オンラインサービスを提供する事業者向けの認証ソリューション。クラウド上で動作するFIDOサーバについて、ソフトウェアの提供から環境の構築まで支援する。

またAndroidやiOS向けのクライアントアプリケーションにおいて「FIDO」による認証を実装するためのSDKを提供するほか、開発についてもサポート。生体認証センサーを搭載していない端末に関しても、カメラを利用した顔認証により、生体認証を導入できるとしている。

同社では、2018年度までに1000万IDの獲得を目標としており、今後、さまざまなデバイスの認証へ展開したいとしている。

(Security NEXT - 2016/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC