Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、FIDO準拠の生体認証サービス - カメラによる生体認証にも対応

富士通は、FIDOに準拠した「生体センサー認証ソリューション オンライン生体認証サービス」を2017年4月上旬より提供する。

同サービスは、オンラインサービスを提供する事業者向けの認証ソリューション。クラウド上で動作するFIDOサーバについて、ソフトウェアの提供から環境の構築まで支援する。

またAndroidやiOS向けのクライアントアプリケーションにおいて「FIDO」による認証を実装するためのSDKを提供するほか、開発についてもサポート。生体認証センサーを搭載していない端末に関しても、カメラを利用した顔認証により、生体認証を導入できるとしている。

同社では、2018年度までに1000万IDの獲得を目標としており、今後、さまざまなデバイスの認証へ展開したいとしている。

(Security NEXT - 2016/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
指紋認証機能を搭載したクレジットカード - 凸版印刷
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス