Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソ、「活文 Enterprise Mail Platform」をクラウドで提供

日立ソリューションズは、誤送信対策などメール向けのセキュリティ機能を提供する「活文 Enterprise Mail Platform クラウドサービス」を提供開始した。

同サービスは、オンプレミスで提供しているメールセキュリティ製品「活文 Enterprise Mail Platform」をクラウドサービスとして提供するもの。「Office 365」「G Suite」など他社のメールサービスとの連携にも対応している。

事前に設定したキーワードや宛先が含まれるメールの送信を一時保留する誤送信防止対策のほか、添付ファイルの暗号化などに対応。さらにマルウェアのスキャンやメールボックスなども提供する。

月額利用料は、メールボックスなしの場合、1アカウントあたり216円、25Gバイトのメールボックスが付属する場合、1アカウントあたり648円。別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2016/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PR代行のベクトルがセキュリティ事業に参入
メール誤送信対策製品のテレワーク用ライセンスを無償提供 - 富士通SSL
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
流出監視機能を備えたPW管理サービス - ニフティ