Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソ、「活文 Enterprise Mail Platform」をクラウドで提供

日立ソリューションズは、誤送信対策などメール向けのセキュリティ機能を提供する「活文 Enterprise Mail Platform クラウドサービス」を提供開始した。

同サービスは、オンプレミスで提供しているメールセキュリティ製品「活文 Enterprise Mail Platform」をクラウドサービスとして提供するもの。「Office 365」「G Suite」など他社のメールサービスとの連携にも対応している。

事前に設定したキーワードや宛先が含まれるメールの送信を一時保留する誤送信防止対策のほか、添付ファイルの暗号化などに対応。さらにマルウェアのスキャンやメールボックスなども提供する。

月額利用料は、メールボックスなしの場合、1アカウントあたり216円、25Gバイトのメールボックスが付属する場合、1アカウントあたり648円。別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2016/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

キヤノンITS、「GUARDIANWALL」をリブランド - 情報漏洩対策ソリューションとして展開
メールセキュリティ製品「SPAMSNIPER AG」を発売 - キヤノンITS
ESETの「月額サービス」がスタート
セキュアブレイン、サイト改ざん検知のオンプレミス製品
EOL迎える「RHEL5」「CentOS 5」利用者向けに移行支援 - HASHコンサル
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
NEC、メール製品に添付ファイルのPDF化機能など提供
デジタルアーツ、アーカイブメール向けにマイナンバー検出機能
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供