Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害者の15%が支払に応じる - 5万円以上が3割超

過去3年間にインターネットユーザーの4.5%が「ランサムウェア」の感染被害に遭い、そのうち15.2%が身代金を支払っていたとの調査結果をMS&AD基礎研究所が取りまとめた。支払金額は、5万円以上が3割超に及ぶ。

同社が11月にセキュリティ被害の実態調査を実施し、結果を取りまとめたもの。過去3年間にメールや電話による架空請求、アカウントの乗っ取り、従来のマルウェア、ランサムウェア。フィッシング詐欺、迷惑メール、ワンクリック詐欺など9種類の脅威について、1種類以上を経験したことがある1000人を対象に遭遇した経験や被害の有無、対処など尋ねた。

実際に被害に遭ったり、連絡を受ける、画面に表示がされるなど、脅威に遭遇した人の割合を見ると、「メールでの架空請求」が48.5%でもっとも多く、次いで「ワンクリック詐欺(29%)」「アカウント乗っ取り(26.5%)」と続く。

「ランサムウェア」は11.2%で今回調査対象となった9種類の脅威のなかで遭遇率はもっとも低いが、そのうち40.2%が実際に被害を経験していた。

脅威へ遭遇した割合(グラフ:MS&AD基礎研)
脅威へ遭遇した割合(グラフ:MS&AD基礎研)

(Security NEXT - 2016/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク