Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密情報トラブル「あるある」の対策手引書 - 経産省

経済産業省は、機密情報にまつわるトラブルと対策をわかりやすくまとめた「秘密情報の保護ハンドブックのてびき」を公開した。

20161213_me_001.jpg
秘密情報の保護ハンドブックのてびき

同資料は、企業において競争力を維持する上で喫緊の課題となっている機密情報の漏洩を未然に防ぐため、具体的な事例などを踏まえた対策例を紹介した手引書。

同省では2月、機密情報の漏洩を防止するための対策を解説した「秘密情報の保護ハンドブック」を公開しているが、ボリュームが大きいため、同ハンドブックをより活用しやすくするため、今回気軽に参照できる手引書を用意した。

機密情報にまつわる身近なトラブルと対策のポイントを、イラストを使ってわかりやすくまとめているほか、情報漏洩が発生した際に見られる兆候を紹介。実際に発生した場合の対応方法や相談窓口なども紹介している。

同手引書は、同省のウェブサイトからPDF形式または電子ブック形式でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2016/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも
仕様変更によるChrome警告表示に冷静な対応呼びかけ - IPA
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
自動車セキュリティの取組ガイドに改訂版 - 製造工程での脅威対策を追加
標的型攻撃で狙われる「Active Directory」保護の対策資料 - 優先順位踏まえ具体的に解説
暗号学分野の業績称え、Adi Shamir氏に日本国際賞
セキュリティ侵害発覚まで平均520日 - 狙いは役員の「メール」