Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東と楽天が協業、楽天市場の4.4万店向けにセキュリティサービス

楽天とNTT東日本は協業し、「楽天市場」へ出店している店舗向けにセキュリティサービスの提供を開始した。

今回の協業では、オンラインショッピングモール「楽天市場」に出店している4万4000店を対象に法人向けマルウェア対策サービスを展開。NTT東では、これまでも中小企業向けにセキュリティ対策パッケージ「おまかせまるごとアンチウイルス」を展開しているが、楽天市場の店舗向けのメニューを用意した。

マルウェア対策のほか、端末の一元管理機能や、サポートセンターによるセキュリティ設定のサポートなどを提供する。月額利用料は、デバイス1台あたり972円。別途店舗ごとに初期費用が必要。

(Security NEXT - 2016/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業
イエラエとNDIAS、自動車のセキュリティ評価技術を共同開発
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
トレンドマイクロとLuxoft、自動車のセキュリティ分野で協業
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業