Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東と楽天が協業、楽天市場の4.4万店向けにセキュリティサービス

楽天とNTT東日本は協業し、「楽天市場」へ出店している店舗向けにセキュリティサービスの提供を開始した。

今回の協業では、オンラインショッピングモール「楽天市場」に出店している4万4000店を対象に法人向けマルウェア対策サービスを展開。NTT東では、これまでも中小企業向けにセキュリティ対策パッケージ「おまかせまるごとアンチウイルス」を展開しているが、楽天市場の店舗向けのメニューを用意した。

マルウェア対策のほか、端末の一元管理機能や、サポートセンターによるセキュリティ設定のサポートなどを提供する。月額利用料は、デバイス1台あたり972円。別途店舗ごとに初期費用が必要。

(Security NEXT - 2016/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業