Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東と楽天が協業、楽天市場の4.4万店向けにセキュリティサービス

楽天とNTT東日本は協業し、「楽天市場」へ出店している店舗向けにセキュリティサービスの提供を開始した。

今回の協業では、オンラインショッピングモール「楽天市場」に出店している4万4000店を対象に法人向けマルウェア対策サービスを展開。NTT東では、これまでも中小企業向けにセキュリティ対策パッケージ「おまかせまるごとアンチウイルス」を展開しているが、楽天市場の店舗向けのメニューを用意した。

マルウェア対策のほか、端末の一元管理機能や、サポートセンターによるセキュリティ設定のサポートなどを提供する。月額利用料は、デバイス1台あたり972円。別途店舗ごとに初期費用が必要。

(Security NEXT - 2016/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバートラストら、電子署名で真偽確認できる「トラステッドビーコン」
横河電機と米Cisco、プラント制御システム向けソリューション
日立シス、制御システムに特化したファジングツールなど
セキュリティフライデーとインターコム、法人向けセキュリティ分野で協業
DNPとGemalto、スマホの生体認証機能を活用した認証サービス
NEC、米Northrop Grummanと協業 - サイバー演習基盤を導入
DNPとサイバートラスト、オンライン本人確認サービスの利用促進で協業
情報セキュリティ事故の事後対策支援サービスを開始 - NRIセキュアとUBIC
ジェイズ、安全なウェブ閲覧環境を提供するソフトウェア
「LanScope Cat」が「Dropbox Business」のログ取得に対応