Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングが縮小傾向、37カ月ぶりに報告数が200件切る

10月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は126件となり、約3年1カ月ぶりに200件を割り込んだ。フィッシングサイトに悪用されたURLや、ブランドの悪用被害も大きく減少している。

20161108_ap_002.jpg
フィッシング報告の推移(グラフ:フィ対協)

同協議会によると、10月に寄せられたフィッシングの報告件数は126件。前月の417件から291件減と約3分の1へに縮小した。

2月には一時3000件に迫る勢いを見せたが、同月をピークに減少傾向が続き、7月と8月に一時的に増加したものの、10月には2013年9月以来、3年1カ月ぶりに200件を下回った。

報告数が減少した背景には、金融機関を装ったフィッシングの報告件数が減少したことがあるという。8月と比較すると10分の1に縮小。さらにオンラインゲーム関連のフィッシングの報告数が前月から半減していることも影響した。

フィッシングサイトの誘導先に利用されたURLの件数も、報告数と同様に縮小。10月は、前月の584件から348件減となる236件。悪用されたブランド件数も15件と、前月から10件減少している。

(Security NEXT - 2016/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年4Qのフィッシング攻撃は25%増 - 国内ホストは10月ピークに減少傾向
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
フィッシングに注意を促すポスターや画像素材を公開 - JCCAら
音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策
2018年1月のフィッシング攻撃、報告やURLは減少するも高水準
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」