Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、フィルタリングログとSIEMの連携ソリューション - 不審アクセスを検知

デジタルアーツは、ウェブフィルタリングソフトのログをSIEM製品相関分析を行うソリューションを提供開始した。

同製品は、同社のウェブフィルタリングソフト「i-FILTER」と、日本IBMのSIEM製品「QRadar Security Intelligence Platform」の連携ソリューション。

「i-FILTER」のログをSIEMで解析することで、従来「i-FILTER」単体で検知できなかった、特定端末から特定URLに対して頻繁に行われる不審なアクセスを検知できるとしている。メールフィルタリングソフト「m-FILTER」との連携は、順次検証する。

また、製品の連携に用いるアプリケーションは、日本IBMの取り組み「IBM Security App Exchange ジャパン・エコシステム」に今後登録の予定。

(Security NEXT - 2016/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス
KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
ハンモック、「AssetView」に新版 - PCの脆弱性対策機能など追加
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能