Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで個人情報が流出した「東京ズーネット」が復旧

「東京ズーネット」に対して不正アクセスが行われ、個人情報が流出した問題で、東京動物園協会は同サイトを再開した。

同問題は、都立動物園や水族館の公式サイト「東京ズーネット」が不正アクセスを受けたもの。メールマガジン「ズー・エクスプレス」の登録者に関するメールアドレス21万1688件や、「東京動物園友の会」の加入について問い合わせを行っていた関係者の個人情報868件の流出が確認されている。

同協会では7月7日6時半ごろに改ざんへ気が付き、同サイトを一時停止。同日、データベースサーバからすべてのデータを削除した上で原因について調べていたが、ウェブアプリケーションに脆弱性が存在することが判明。改ざんや漏洩の発生時刻は、7月7日0時以降としている。

同協会は、脆弱性の修正を行うとともに、ウェブサイト全体のセキュリティを強化するなど対策を実施し、10月31日にサイトを再開した。

ただし、個人情報を取り扱うサービスについては現在も停止しており、今後同協会では個人情報の取扱方針とシステムの見直しを実施し、セキュリティ基準を満たす運用方法を決定したうえで再開するとしている。

(Security NEXT - 2016/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
「宅ふぁいる便」利用者向けに特設サイト - 流出PW確認や退会受付など
通販サイトへPWリスト攻撃、遮断直後に発信国変更して継続
中華食材の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に
トヨタ販売会社8社に不正アクセス - 顧客情報最大310万件が流出の可能性
一部サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - 広島大