Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」のフルリゾルバに脆弱性 - リモートより悪用されるおそれ

「BIND 9」が異常終了する脆弱性があらたに判明した。リモートより攻撃が可能で、Internet Systems Consortium(ISC)や日本レジストリサービスなど関係機関では注意を呼びかけている。

20161102_is_001.jpg
パッチを公開したISC

「BIND 9」において、DNS応答の処理に脆弱性「CVE-2016-8864」が含まれていることが判明したもの。

キャッシュDNSサーバの機能を利用している際に影響があり、リモートからの攻撃によってサービスが停止するおそれがある。

ISCでは、同脆弱性の深刻度を「高(High)」にレーティング。ただし、権威DNSサーバにも同脆弱性が存在するが影響は小さいととしている。

ISCによれば、脆弱性の悪用は確認されていないが、サービス停止を引き起こすクエリについて、公開メーリングリストで議論された経緯もあるという。

今回の問題を受けて、ISCでは脆弱性を解消した「同9.11.0-P1」「同9.10.4-P4」「同9.9.9-P4」を公開。関係機関などとともに、最新版へアップデートを実施するよう利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず