Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LINE」利用者狙うフィッシング攻撃 - 「異常ログイン」と不安煽る

「LINE」利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されたとして、フィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

20161031_ap_001.jpg
アカウント情報を騙し取る偽サイト(画像:フィ対協)

問題のフィッシングメールは、「LINEーー安全確認」といった件名で送信されているもの。

本文では、利用者のアカウントにおいて「異常ログイン」を感知したなどとだまして不安を煽り、メールに記載したURLから偽サイトへ誘導。アカウント情報を入力させる。

10月31日の時点で稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では、サイトのテイクダウンに向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。

インターネット利用者へ注意を喚起するとともに、類似したフィッシングサイトを見かけた利用者へ、情報提供を呼びかけている。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載について、フィッシングメールの件名に誤りがありました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2016/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
2017年12月のフィッシング報告数は1165件 - 「Apple」関連が6割
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加