Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LINE」利用者狙うフィッシング攻撃 - 「異常ログイン」と不安煽る

「LINE」利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されたとして、フィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

20161031_ap_001.jpg
アカウント情報を騙し取る偽サイト(画像:フィ対協)

問題のフィッシングメールは、「LINEーー安全確認」といった件名で送信されているもの。

本文では、利用者のアカウントにおいて「異常ログイン」を感知したなどとだまして不安を煽り、メールに記載したURLから偽サイトへ誘導。アカウント情報を入力させる。

10月31日の時点で稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では、サイトのテイクダウンに向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。

インターネット利用者へ注意を喚起するとともに、類似したフィッシングサイトを見かけた利用者へ、情報提供を呼びかけている。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載について、フィッシングメールの件名に誤りがありました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2016/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2016年4Qのインシデント、前四半期比1.5倍に - 制御システム関連も高い増加率
フィッシング報告、2カ月連続で増加 - メールアカウント狙いの攻撃も
2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超
ランサム被害者の15%が支払に応じる - 5万円以上が3割超
4社に3社が全社一貫のインシデント対応計画を持たず
フィッシング報告数が倍増するも低水準 - LINEやゲーム関連も影響
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
フィッシングが縮小傾向、37カ月ぶりに報告数が200件切る
2016年3Qのインシデント、ウェブ改ざん半減するもマルウェアサイトやDoS攻撃が増加
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに