Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSSC、重要インフラ分野のサイバーセキュリティ演習を実施

制御システムセキュリティセンター(CSSC)は、11月から12月にかけて電力、ガス、化学、ビルの重要インフラ4分野におけるサイバーセキュリティ演習を実施する。

同演習は、経済産業省の委託により行うもので、2014年と2015年に続いて3回目。電力、ガス、化学、ビルの4分野から業界団体や関連事業者が参加し、模擬システムを用いてサイバー攻撃が発生した場合の影響と対応策を検証する。

演習会場はみやぎ復興パーク内の同センター東北多賀城本部。実施日程は、化学分野は11月1日から2日、電力分野は11月15日から16日、および12月1日から2日、ガス分野は12月14日から15日、ビル分野は12月20日から21日。

(Security NEXT - 2016/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用