Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他ローカル環境と分離したブラウジング環境を提供するソフトウェア

セキュアソフトは、Windowsにおいて分離したブラウジング環境を提供するソフトウェア「SecureSoft mamoret」を、12月19日より発売する。

同製品は、端末内において他ローカル環境から分離されたブラウジング環境を提供するソリューション。管理サーバなく利用することが可能。ウェブメールの添付ファイルについても同環境内で実行することができるほか、環境を初期化する機能が用意されている。

現時点では「Internet Explorer」のみの対応となるが、今後は他ブラウザにも対応する予定。価格は1ユーザーあたり年額9720円。同社は今後3年間に5億円の売上を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2016/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
IIJ、ゲートウェイサービスにアイソレーションサービスをオプションで追加
NECネッツエスアイ、ウェブ閲覧を保護するサービス
日立、ブラウザ閲覧環境を業務システムから分離するソリューション
IIJ、自治体向けに仮想環境でウェブ閲覧できるサービス
ソリトン、マルチデバイス対応のセキュアアクセスソリューションを発売
スマホ用セキュリティブラウザ「KAITO」、KDDIの「Business Port」で提供開始
NTTドコモ、Androidスマホ向けに統合セキュリティサービス
ウェブアプリのデバッグ用ブラウザを発売 - セキュリティフライデー