Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ用セキュリティブラウザ「KAITO」、KDDIの「Business Port」で提供開始

ジェーエムエーシステムズは、スマートデバイスで利用できるセキュリティ面を強化した業務用ブラウザ「KAITO」を、KDDIの「SaaSソリューション Business Port」を通じて提供開始する。

同製品は、「Android」や「iOS」に対応した業務用のブラウザ。必要な業務アプリケーションを通信環境とあわせて提供するKDDIのプラットフォームサービス「SaaSソリューション Business Port」で提供する。

同ブラウザを利用することにより、通信履歴やキャッシュ、Cookie、クリップボード、画面コピー、ダウンロードなどを制御可能。データを端末上へ残さずにブラウジングが行える。

またホワイトリストによるウェブフィルタリング、管理者による集中管理、クライアント証明書による端末のアクセス制御などに対応している。

(Security NEXT - 2012/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
【追記あり】Appleが「iOS 14.2」を公開、脆弱性24件を修正 - 一部に悪用コードも
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ