Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブロックチェーンの国際標準化で専門委員会 - 国内からの規格提案なども検討

国際標準化機構(ISO)において、ブロックチェーンと電子分散台帳技術の国際標準化を進める専門委員会が設立された。国内では日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が中心となって、国際標準化に向けた活動を進めていく。

今回設立された「ブロックチェーンと電子分散台帳技術に係る専門委員会」では、ブロックチェーンと電子分散台帳におけるシステム、アプリケーション、ユーザー間の互換性やデータ交換について、国際標準化の活動を推進する。

国内では、JIPDECを中心に活動を展開。日本から規格の提案や審議文書の検討、関連団体や企業との連携などを進める。経済産業省ではJIPDECと連携し、ブロックチェーン技術を用いた産業の発展に向けた支援を行う方針。

ISOではそのほか、あらたに2委員会を設置しており、「組織ガバナンスに係る専門委員会」では、ガバナンスの効果的なあり方に関して国際標準化を進めるほか、「加工・流通過程の管理に係る専門委員会」が活動を開始するという。

(Security NEXT - 2016/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
IPA、組織向けセキュリティ自己診断ツールに最新版 - データ拡充、統計資料も
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
FIDOアライアンス、12月に都内でセミナー開催
認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発