Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業の4割強、「セキュリティ人材」の確保が課題

セキュリティ対策における課題で、セキュリティ人材の確保を挙げる企業がもっとも多く、4割を超えることがわかった。

20161006_it_001.jpg
セキュリティ対策における現在の課題(グラフ:ITR)

8月にITRが、従業員50人以上の国内企業においてセキュリティ対策関連製品やサービスに関する意思決定へ関与する担当者を対象に調査を実施し、結果を取りまとめたもの。有効回答数は1321件。

同調査では、セキュリティ対策を運用する上で現状の課題について尋ねもので、最も多かったのは「セキュリティ人材の確保が難しい」で42.5%にのぼった。

「専任のセキュリティ要員を確保するのが難しい(34.6%)」「セキュリティ人材の教育が難しい(34.2%)」と続き、人材の確保や育成を課題とする回答が目立つ。

「運用監視に手間がかかる(29.7%)」「つねに最新技術へ対応することが難しい(23.7%)」「つねに最新情報を入手するのが難しい(23.5%)」がいずれも2割超だった。

(Security NEXT - 2016/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも
改正個人情報保護法に対応済み企業は1割未満 - 「春までに対応」6割
8割超のSOC、成熟度レベル低く脆弱 - HPE調査
企業の約2割、個人依存のきわめて脆弱な状態 - IDC Japan調査