Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BINDの深刻な脆弱性に対して無差別攻撃が発生中

DNSサーバ「BIND 9」にリモートより攻撃が可能となる深刻な脆弱性「CVE-2016-2776」が見つかった問題で、警察庁は同庁の観測システムで脆弱性に対する攻撃を確認したことを明らかにした。

20161005_np_001.jpg
BINDの脆弱性「CVE-2016-2776」を狙ったアクセス件数推移(グラフ:警察庁)

今回攻撃が確認された「CVE-2016-2776」は、リモートより細工したパケットを送り付けることで深刻なエラーを生じさせ、サービス拒否を引き起こすおそれがある。

開発元のInternet Systems Consortium(ISC)では、米国時間9月27日に修正バージョンを公開。関連機関などとともに利用者へ注意喚起を行っている。

パッチ公開当初、脆弱性の悪用は報告されていなかったが、その後同脆弱性に対する攻撃コードが公開。さらに警察庁では、同庁の観測システムにおいて10月4日18時以降、攻撃ツールを用いたと見られる攻撃を観測しているという。

同庁が確認した攻撃の発信元IPアドレスはすべて異なり、プライベートアドレスを発信元とするケースもあるなど、いずれもIPアドレスが詐称されていると見られている。

同庁では、無差別に攻撃活動が展開されていると見ており、管理者にアップデートの実施など対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み