Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、「WideAngle」のインシデント対応メニューを拡充

NTTコミュニケーションズは、インシデント対応を支援するあらたなサービスを10月3日より提供開始する。

同社のセキュリティサービス「WideAngle」におけるメニューを拡充したもの。「インシデント対応駆付け保証」と「標的型マルウェア感染端末調査」を新メニューとして追加した。

「インシデント対応駆付け保証」では、依頼を受けてから指定地域については24時間以内、それ以外の地域も翌日中に訪問し、マルウェア感染が疑われる端末のログやネットワークログを分析。感染の有無を即日で判定するサービス。

従来より提供している「インシデント対応初動パック」のオプションとして提供するもので、同パックへの契約が必要。料金は1回あたり108万円。

一方、「標的型マルウェア感染端末調査」では、顧客の管理下にあるすべてのWindows端末において、標的型攻撃によるマルウェア感染の有無を調査する。価格は、調査対象端末500台の場合、1回108万円。

(Security NEXT - 2016/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯