Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Pokémon GO」人気狙う狡猾な不正アプリ - サンドボックス検知を回避

9月中旬のアップデートにより相棒ポケモン機能が追加されたり、関連グッズ「Pokémon GO Plus」が発売されるなど、ますます注目が高まる「Pokémon GO」だが、こうした人気に便乗するサイバー攻撃は後を絶たない。

20160920_kl_001.jpg
確認された「Guide for Pokemon Go」(画像:Kaspersky)

公式マーケットの「Google Play」において、関連アプリを装った不正アプリ「Guide for Pokemon Go」が確認された。

これまでも「Google Play」において、「Pokémon GO」の人気に便乗した不正アプリは確認されているが、今回確認された「Guide for Pokemon Go」は、セキュリティベンダーの検知を逃れる巧妙な機能を備えていたという。

一見プレイヤーを支援するアプリを装っているが、分析を行ったKaspersky Labによれば、誤ってインストールすると、「Android」のroot権限を取得され、別の不正アプリがインストールされたり、広告などを表示されるおそれがある。

注目されるのは、サンドボックスや仮想マシンによる検知から逃れるための機能。アプリの立ち上げ直後は悪意ある行動を抑制。不正アプリとして検知される可能性が低いことを確認してから活動を開始していた。

(Security NEXT - 2016/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、サイバー攻撃対応のゲーム大会を開催 - オンラインでも参加可能
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
ゲームプレイを強要するランサムウェア - データ欠損で復号不可のケースも
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も