Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 53」で脆弱性33件を解消 - 解析用「Flash」のブロック機能も

GoogleのChromeチームは、安定版となる「Chrome 53」をリリースした。脆弱性や不具合の解消のほか、「Flash」への対策機能なども盛り込んでいる。

同チームによれば今回のアップデートでは、報奨金プログラムを通じて報告された重要度「高(High)」の脆弱性13件をはじめ、あわせて33件におよぶセキュリティ上の問題に対処した。なかでもPDFリーダーである「PDFium」に関する修正が6件と目立っており、いずれも「高(High)」だった。

報奨金の最高額は7500米ドル。クロスサイトスクリプティング(XSS)やスクリプトインジェクションの脆弱性など3件に対して支払われる。また解放後メモリへのアクセスやヒープオーバーフローの脆弱性など3件の脆弱性も5000ドルの支払対象となった。

またアニメーションなどの技術は「HTML5」に移行しており、すでに役割は終わりつつあるとし、今回の「Chrome 53」より、多くのサイトでページの分析などに用られ、読み込み速度に影響を与える「Flash」に対してブロック機能を盛り込んだ。

同社ではこれまでも「Chrome 42」より再生にクリックを必要とするなど対策を講じており、今回さらに一歩前進させた。同社は12月にリリースする「Chrome 55」では、「Flash」のみサポートするサイトを除き、「HTML5」をデフォルトにする予定。

(Security NEXT - 2016/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性