Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アダルトサイト閲覧、マルウェア感染した職員を処分 - 佐賀県

佐賀県は、職務中にアダルトサイトを閲覧し、マルウェア感染による情報流出の危険を生じさせたとして、職員の懲戒処分を行った。情報流出は確認されていないとしている。

同県によれば、4月以降、同職員は勤務時間中に業務用のパソコンでアダルトサイトに繰り返しアクセス。5月17日に同県の検知システムにより、マルウェア感染による外部との不正通信を検知して問題が発覚した。同県は、マルウェア感染にともなう情報流出は発生していないと説明している。

同職員は、過去にも2回にわたり、同県ネットワークにおいて同様のインシデントを発生させており、業務と関係ないウェブサイトを閲覧しないよう、指導を受けていたという。同県では9月5日付けで同職員に対し、減給6カ月(10分の1)とする懲戒処分を実施。業務用パソコンを無期限の貸与停止とした。また所属長に対しても厳重注意の処分を行ったという。

(Security NEXT - 2016/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
総務省、JPRSに「.jp」ドメインの適切な管理を要請 - 不適切利用問題受け
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
恥ずかし画像で不安煽る詐欺メール、送信元を情セ大に偽装
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
神戸大、業務PCでアダルトサイト閲覧した職員処分 - 2年で約1220時間
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か