Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

49サイトで改ざん被害、パスワード乗っ取りで侵入か - 上智大

上智大学に不正アクセスがあり、複数ウェブサイトにおいて改ざん被害が発生した。閲覧者を外部に誘導する画面が表示される状態になっていたという。

同大によれば、2月18日ごろ、同大の学部や研究施設などあわせて49のウェブサイトで改ざん被害が発生したもの。閲覧者を外部のアダルトサイトへ誘導する画面がランダムで表示される状態となっていた。

2月21日未明に同大経済学部の教員が、同学部のサイトに異常があることを確認。同日早朝にもサイトを管理する外部事業者から報告があり、同大ではサーバを急遽停止した。

学部学科関連の21サイトをはじめ、研究所や関連施設の16サイト、研究科や専攻に関する5サイト、研究プロジェクトに関する3サイト、事務関連4サイトなど、同一サーバ内で運用していた49サイトで被害が確認されたという。

(Security NEXT - 2022/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

栃木の名産品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
園芸情報サイトが改ざん - 不正コードにより外部サイトへ誘導
ヘルメットや安全標識を扱う2サイトに不正アクセス
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
カーパーツショップに不正アクセス - クレカ情報が流出
インテリア雑貨ショップに不正アクセス - クレカ情報2763件が流出した可能性
複数の化粧品通販サイトでクレカ情報流出のおそれ
マット販売サイトに不正アクセス -顧客情報流出の可能性
防災システムへの不正アクセス、スパム約31万件が送信される - 新潟県
顧客のクレカ情報流出の可能性 - 医薬品容器メーカー