Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでスパム送信の踏み台に - 浜松いわた信金

浜松いわた信用金庫は、同金庫の送信用メールアカウント1件が一時侵害され、大量の迷惑メールが送信されたことを明らかにした。パスワードを類推されたものと見られている。

同金庫によれば、4月23日22時ごろから翌24日9時ごろにかけて、同金庫のメールアカウントより3245件の意図しないメールが外部へ送信されたもの。メールは「Fwd:」「Re:」といった件名で送信されており、本文は英語でアダルトサイトへ誘導するURLが記載されていた。

問題のアカウントは、脆弱なパスワードを用いており、第三者によって類推されて侵害されたものと見られる。メール送信に用いていたアカウントであり、顧客情報などは保存されておらず、情報流出については否定している。

同金庫は4月24日9時過ぎに、不正利用されたメールアカウントを一時停止したが、原因も判明しておりパスワードの設定を見直して25日に利用を再開した。期間中に問題のアカウントより送信されたメールが着信していた場合は、開封したり本文のリンクにアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ